Home Photographer Kazuyuki Takahashi Portfolio

Table Tennis World
Swiss Watches World
My Works
Link
About US
Kaz-BLOG
New Update
editor's note
My Book
SiteMAP
 
2008年2月24日〜3月2日 .
2008世界選手権広州大会
 (団体戦)関連
このページは写真家 高橋和幸ブログ http://blog.goo.ne.jp/paco-kaz/ から関連記事を抜粋したものです。


新聞をチェック 2008-03-04 21:09:09

帰国して世界卓球の新聞記事をチェックするのも楽しみの一つ。女子予選リーグ対韓国戦の翌日の記事。この試合は最終戦までもつれ込み現場にいた僕たちはハラハラドキドキ。朝日と共同(産経新聞他はここから写真と記事を買う)の写真と記事を見てみた。あと共同から配信された新聞社の編集の技量が問われる。まず朝日。「平野奮迅 愛感涙」の見出し。写真はモノクロだが平野のファアドライブを千分の一の高速シャッターで見事にとらえている。左に愛ちゃんの泣いてる姿。パット見て読者によく解る内容。臨場感あふれる写真で記事とマッチしている。さすがです。カメラマンはとても上手いうえに感性がすばらしい。記者の稲垣氏はヨーロッパに長く滞在してサッカーとかの取材でよく署名記事を見る。一方産経新聞「一球入魂 福原粘り」の見出し。写真はカラー。愛ちゃんのガッツポーズ。笑顔がとても良い。この写真だけで読者は「ああ日本は勝ったんだナー」と理解できる。バックの日本ベンチを望遠)おそらく180ミリ位)でぼかしているのは愛ちゃんの表情をクローズアップするためのテクニック。ベンチ後ろで写っているカメラマンは何を撮ろうとしているのだろう。理解に苦しむ。さて僕の写真はどうだろう。今月21日発売号をお楽しみに・・・


やはり強かった中国チーム 2008-03-04 02:21:29

今回の選手のゼッケンに国代表の順位を示すのだが男女とも中国1位から3位までは世界ランキングと同じ順位だった。すなわち中国1位は世界1位というゼッケンを付けていた。それだけ強いと言うことだ。


この日の王励勤は別人だった 2008-03-04 02:11:12

韓国のフランス大会2位のカットマン朱のカットをぶち抜いた。メチャメチャ振りが速くてインパクトが撮れない。普通カットマンが相手の時は撮りやすいものだがいくら予測より速くシャッターを切っても撮れない。結局ガッツポーズで決めた。


2番王皓 2008-03-04 02:05:58

僕はこの人のバック裏面ドライブとフォアへの跳びつきを撮りたくてずっと300ミリの望遠レンズを構えていた。しかしあいて韓国の李はサウスポー、韓国のペン選手は足が速く回り込んでのフォア打ちが多く王のバック攻め、ショートでまわすと飛びつきが撮れるのだが王の強烈ファドライブを恐れてなかなか勝負に出ない。結局昨年北京で撮った写真を上回ることが出来なかった。


結局優勝は男子も中国 2008-03-04 01:54:36

今回の中国チームは地元開催とあって今まで以上に優勝にこだわっていた。負けられないという思いからプレーが硬くなることもあった。初戦でルーマニアのフィリモンにうちまけた王励勤はこの日3番手に降格。一番に馬琳が使われた。精神的な強さと相手エース・アテネオリンピックゴールドメダリストの柳承敏に裏面ドライブで対抗しバックを攻める戦法だ。案の定馬の裏面は冴えた。団体戦にめっぽう強い柳もこの日の馬には及ばなかった。


お疲れ様日本男子チーム 2008-03-03 02:58:16

表彰式の後明あの顔は満足げだった。よく頑張りました選手の皆様。堂々の銅。


モテモテ 2008-03-03 02:55:21

写真を撮っていたら店の女の子達が興味を示していたので撮ってモニターで見せてあげたら偉い喜んでくれた。カメラマンはわかりやすいからいいね。若い女性達に囲まれて。満足な僕。


やっぱりこのコース 2008-03-03 02:53:04

どこに行っても本屋に行って、本を購入してカフェーに行くのが旅先での楽しみの一つ。新華書店という大きな本屋で陶磁器の本を買い早速喫茶店に。内容は中国語だがある程度は理解できる。帰国してゆっくり読もう。


伊藤条太大はしゃぎ 2008-03-03 02:50:09

自分のブログのアクセスカウントが卓球王国を上回り大はしゃぎの条太氏。果てはこんなことまで。実際は僕の注文です。あしからず。


びっくりしたなー 2008-03-03 02:47:50

海老料理でこんのはじめて。なんと香ばしさを出すために麦わらを混ぜて炒めた料理。ネギかと思って今野君に食べられるよと言ったら、係の女性が駄目だめといってきた。彼はすでに喉を通過していたが喉に引っかかるので僕は未通過だってオッケー。高橋さんひどいとは今野の弁。知ったかぶりをした僕がいけなかった。80てん


海老蒸しシュウマイ 2008-03-03 02:43:15

中に野菜がたっぷり入ったヘルシーシュウマイ。モチモチした皮と中のしゃきしゃき感が合わさって歯ごたえが心地よい。味は薄めで海老の美味さを引き出していた。90点


フカヒレスープ 2008-03-03 02:40:32

少し大きな気持ちになりフカヒレスープから始めることに。これがトローとして絵もしれない美味さ。普通この手は清湯スープを使うのだが白濁したものでこれに酢とシャンサイを入れて食べた。90点


食在広州 2008-03-03 02:36:19

今夜の男子決勝が7時半なので今回初めて繁華街に繰り出した。食は広州にありといわれているのに食を満喫しないで帰るなんてせつないと街に繰り出した。高島先生が選んだレストランが大当たり。もうこの写真を見てもうまさがはかりしれる。ここはフランス料理のニューベルクイジーヌならぬ新中華という感じですべてが美味しかった。


深夜のバックハンド 2008-03-02 04:47:39

本日の好試合に刺激されて夜中2時だというのにバックハンドを振りだし、みんなからブーイングの嵐。そんなのかんけーねーといいながら部屋にかえってやっていたら、同室の高島規郎先生の目つきが変わったので今夜は押さえた。ぼくも社会性がついてきた。


閑話休題 2008-03-02 04:32:09

試合の合間にこの人達が出てきて踊りを披露してくれる。ひとときの清涼剤的な役目をはたしている。僕もついついみいってしまった。あっこのブログ奥さんが見ているんだ。


我が社のホープ・友 2008-03-02 04:29:54

我が社の若手渡辺君は新婚。奥さんがテレビを見ていて全然写らないわよなんてメールがあったらしい。でも今日の日韓戦ではよく画面に出ていたらしくホッとしていたが、実際記者席とフロアを行き来して頑張っています。ちなみに我が社の友君は写真右の人です。左は30年後の友。友蔵君(ちびまるこの)かも・・・


テレ東大竹アナ 2008-03-02 04:27:08

日本男子の試合前に気合いを入れる大竹アナ。もうこの人卓球に入りっぱなし。会場でもこの人は注目を集めていた。


今大会8戦全勝の韓陽 2008-03-02 04:22:13

僕の先入観とは裏腹に韓陽は日本のために一生懸命頑張った。8戦して全勝。すごい記録だ。結局この大会は帰化人の吉田と韓陽、それに青森山田の吉田先生の教え子、吉田と水谷、大矢。それにマリオの教え子の水谷、大矢、岸川で戦った。日本卓球協会が育てた選手は誰一人いないのが現状だ。そういえば過日の「C級コーチセミナー」では吉田安夫監督と青森山田の批判ばかりをしていたそうだ。受講者達は頭がいいから「なんでなんなことを言うんでしょうね。今まで日本卓球協会がやらなければならないことを青森山田がやってきたのに、その上トレセンをでたら卓球をやめても社長になれるぐらいの人材を作るなんて言ってたけど、言ってた本人が世界に通用する選手を育てたわけでもなく、誰一人社長になっている人なんかいないのになんであんなことがいえるんでしょうかねー」といっていた。なるほどね。


2番水谷 2008-03-02 04:11:12

若干18歳の少年が世界の舞台で活躍する。何気なく振る舞っているプレーの中に奥深いテクニックと才能からくる身体能力をひっさげて世界の一流どころと互角に戦った。あっぱれと言うか。驚嘆に値する。彼の将来が楽しみだ。


一番吉田 2008-03-02 04:08:47

韓国戦のトップは吉田海偉。この大会の功労者だ。試合ごとに人が大きくなっていくような気がする。おしくも柳承敏に敗れはしたが壮絶なラリー戦は会場をうならせた。少しだけ相手が上だった。


王励勤も無難に料理 2008-03-02 04:05:10

中国対香港というともうはじめから勝負が決まっているようなものだから、卓球ファンの見所は各自の技術だろう。王励勤のサーブからのドライブは迫力があってそばで見ていると球のうなりが聞こえてきそうだ。この人が初日ルーマニアのフィレモンに負けたとは思えない。筋肉体の大きさすべてを兼ね備えている。是非皆さんも実際の王を会場で見てください。


馬琳鮮やか 2008-03-02 04:00:43

今日の馬琳は文句のつけようがなかった。サーブからの3球目攻撃といいレシーブからの攻撃といい最高だった。何故ビッグタイトルがとれないのか不思議だ。


ルーマニア女子 2008-03-02 03:46:24

ルーマニア女子も第二会場での順位決定戦が最終となった。実力があって常に上位に君臨する卓球王国である。コンスタントに成績を残している。


ハゲダーツーの 2008-03-02 03:35:18

僕が第二会場から帰ってきたら二人がにやにやしている。変だなーと思っていたら机の下からハーゲンダッツのパッケージか出てきた。僕はアイスクリームが大好きなのに、僕がいない間に食べていたなんて悔しい。ここでは40元(約600円)もするのだ。頭に来たから頭の話題にと思って、伊藤条太さんと今野をツーショットして、ハーゲンダッツーの。(ハゲが二人という意味です)ざまー見ろ。


フランスも第二会場に 2008-03-02 03:29:34

シーラ、エロワをようしても第二会場で戦うはめに。黒人はフランスのサリフ君。スピーディーでとても強い。


天国と地獄 2008-03-02 03:27:19

第二会場は照明も暗く、メインコートとは雲泥の差。選手の意気も上がらないだろうな。日本は今回すべてメインでよかった。


お疲れ様日本女子チーム 2008-03-02 02:28:04

結局女子は中国の優勝。2位シンガポール、3位日本、香港となった。本当に日本はよく頑張りました。平野は昨日熱があったにもかかわらずあんなすばらしいプレーを見せてくれたし、愛ちゃんも初めて見るぐらいの必死さを出していた。カスミンはあの大舞台でも臆することなく自分の実力以上のものを出していた。本当に皆さんありがとう。いい思いをさせていただきました。


それにしても平野の頑張り 2008-03-01 09:59:19

惜しくも準決勝で初黒星がついたけど、平野の頑張りはコートサイドで見ている僕たちに感動を与えてくれた。「物事をここまで真剣に取り組まなければならない」というメッセージをもらったように感じた。23歳の娘からこんなすばらしいことを身をもって実践されるなんて・・・。彼女をもっと深く知るために取材をしたいものだ。どんな風に親は育てたのだろう。


ルーマニア卓球協会から 2008-03-01 09:54:40

ルーマニア選手の写真をたくさん撮ってUSBに入れてあげたら感動したいい写真だといってルーマニア卓球協会の旗とバッジそれにフィレモンからチームTシャツをいただいた。ありがたいものだ。こちらこそいい写真を撮らせてもらったのに。民間大使になった気分です。


結局女子は銅メダル 2008-03-01 02:45:53

話題を集めた女子チームは結局銅メダルだった。お疲れ様でした。よくやりました。本当に。ゆっくり寝て疲れを取ってもらいたいです。


愛ちゃんもお疲れ様 2008-03-01 02:43:46

三番手で出場した愛ちゃんもついに力尽きた。お疲れ様でした。8月の北京オリンピックでも頑張ってください。


トップカスミン敗れる 2008-03-01 02:35:34

歯切れのいい卓球を展開していたがシンガポールの王越古が少し勝っていた。残念ながらトップを飾れず。でもこの試合を観ていた高島教授は「この子は強くなるね。ボールに対応する才能を持っている」とのお墨付き。がんばれ。カスミン。4月に高校生。


吉か凶か 2008-03-01 02:30:18

このオーダーには僕もびっくり。勝てば近藤マジックと大騒ぎになるだろう。でもこんな冒険とも思えるオーダーを書いた近藤監督はとても勇気のある方だ。勝負に出たね。いざ本番。


変顔の三人 2008-03-01 02:27:48

こんな顔をしているには女子準々決勝のオーダーを見て「なんと石川カスミンが一番だ」とびっくりしている世界ナンバー1の卓球メーカーT社の三人組。これは僕のオーダーで何も彼らが好きでやったわけではありません。あしからず。Y社長これぐらいは大目に見てあげてね。


日本男子もベスト4へ 2008-03-01 01:52:16

メダルが確実となった。おめでとう日本男子。これは女子のいい雰囲気が乗り移ったのかもしれないね。イヤーいいわ。来月の「卓球王国」は売れるぞ。増版をかけなくちゃ。


勝った勝った急げ 2008-03-01 01:49:08

次の試合に準備していた水谷と吉田が、韓陽が勝ったため急いでベンチに帰った。途中僕のカメラに向かってピースサイン。良かった良かった。勝った勝った。こんな思いは何度しても良いね。


吉田、荘に勝つ 2008-03-01 01:46:17

なんと吉田海偉が台北の荘智淵に勝った。これは大きかった。勝利に大きく貢献した。飛び上がって喜ぶ吉田とラケットをたたきつける荘。


香港は一体何なのだ 2008-03-01 01:39:29

香港・中国戦は相変わらずのていたらく。香港の選手は元々中国ナショナルチームに在籍していた選手達が多い。かろうじてティエアナが違うだけ。2年前もそうだったけど今回も案の定はじめから負けが決まっているかのような情けない内容。日本戦であんなパフォーマンスを見せていながら中国戦は最初からあきらめていた。そんなのなら日本にも負けていろよといいたいぐらいだった。試合中でしかも0対2で負けているのにベンチはこんな感じ。もうどうなっているのって感じ。香港は中国に返還されたのだから中国で出ればいいんだ。これじゃ中国の2軍チーム。


千代さん弁当 2008-03-01 01:32:21

愛ちゃんママのお手製弁当は本当にうまい。(ホースストマック。馬胃)疲れたときは心から感謝する。ちなみに千代さんは僕と同じ歳。


ドデアンも美人 2008-03-01 01:29:23

昨年の世界大会で福岡春菜と愛ちゃんをやっつけたのはこの人ドデアン。今年は少し太っていたがその美貌は変わらなかった。相変わらずパワーあふれるドライブを打っていた。


ルーマニア美人 2008-03-01 01:26:11

ルーマニアのヒリチはたいそう美人で、日本人報道陣達の注目の的。なるほど東欧は美人が多い。昨年行ったザグレブも美人が多かった。もう少し若ければ・・・


スタンドから同胞が応援 2008-03-01 01:19:31

ルーマニアの応援団は少ないがみんな必死で応援していて見ていて気持ちよかった。


ルーマニアベスト8へ 2008-03-01 01:17:23

ロシアに勝ってルーマニアはベスト8に進んだ。勝った瞬間のベンチ。監督はチョイワルおやじっぽくて格好いい。左はチームドクターで僕と友達になった。


ルーマニア・クリサン 2008-03-01 01:14:34

王励勤を倒したフィリモンのファンになってからルーマニアの試合をやっていえるとついつい見に行ってしまい選手の写真を撮るようになった。このクリサンはエース格で世界ランクも30位と水谷の次。クレバーな卓球が冴える。コンビネーションがよくオールラウンドプレイヤー。


歳を考えなくては 2008-02-29 03:02:00

試合が終わるのがだいたい10時過ぎ、毎晩ホテルの帰ると11時過ぎ、番兵にいつも部屋までのカートを頼む。その間暇だったので伊藤条太さんとおちゃらけを。疲れてるんじゃないの?ッテ声が聞こえてきそう。


徳島の誇り 2008-02-29 02:57:56

3番手に福岡春菜選手が登場。のっけから王子サーブを連発。これが相手に面白いように効く。さすが春ちゃん。3対0のストレート勝ち。準決勝の相手はシンガポール。頑張ってもらいたい。


平野全勝 2008-02-29 02:54:56

ここまで平野選手は全勝で来ている。お見事さすが卓球王国プレイヤーオブザイヤー。ホントたくましい。頭が下がる。精神的な乱れない強さ。


根性娘愛ちゃん 2008-02-29 02:52:54

イヤーこの子の精神力たるやすさまじいものがある。すごいの一言。驚嘆。19歳の娘がこの大舞台で思う存分プレーをしている。幼い頃より大人達に囲まれて、大変な思いをしたこともあると思うのにこの素直な育て方は両親の力の他ない。


それでも愛は勝つ 2008-02-29 02:49:14

トップバッターは福原愛。手強いくせ者のトートが相手。案の定簡単には勝たせてくれない。それでも頑張ってガマンして、勝った。くせ者トートもとうとう力尽きた。


日本女子メダル獲得 2008-02-29 02:46:34

本日の準々決勝を勝ってベスト4入りをした。これでメダルは確実となった。後はどのいろになるかだ。2年前のブレーメン大会と同様ハンガリーとベスト4をかけて戦った。結果は3対0.


メイスブラディーと戦う 2008-02-28 02:59:19

かつてブンレスリーグのデュッセルドルフのチームメイト同士の戦い。当時ブラディーは1番、松下浩二さんが2番手。メイスは5番手だった。今や世界戦の国のエースで参加。時間がたつのは早いものだね。


中国写真先生 2008-02-28 02:55:34

この人とはもう十年になる付き合い。いつも僕に挨拶をしてくれる。今回会場内で写真展をひらいていた。僕も来年の横浜での世界戦会場で写真展をやろう。


チャンイニン必死 2008-02-28 02:53:27

世界ランキング1位のチャンイニンですら、必死で戦っている。もともと彼女はどんなときでも手など抜かない人だが、どう考えても喝相手でも常に全力投球。見ている人を爽やかにさせる。


懐かしい顔 2008-02-28 02:50:29

スウェーデンのパーソンは古い友達。でも今回老体にむち打って出場。往年のプレーは見られないが随所に放つとくいのバックハンドはまだまだ威力十分。かれのビデオを8年前に出した。卓球文化を残すといういみでもいいビデオを作ったものだと自画自賛。まだ少しビデオはあります。ほしい人は卓球王国へ。


卓球王国今野編集長 2008-02-28 02:40:04

大会に入って4日目。僕らにもそろそろ疲れが見え始めた。編集長の今野は気丈に振る舞っているけど実際は相当疲れているはず。でも微塵も見せないのはさすがです。いい記事を期待していてください。腕のブライトリングナビタイマーが光っている。頭の方もさえてるぞ。


力強いフランス娘 2008-02-28 02:33:50

愛ちゃんから勝利したグルンディッシュ。彼女の球は男勝り。イヤー強いの何の。愛ちゃんですらバックで止まらなかった。


おなかもすくんです 2008-02-28 02:28:18

本日愛ちゃんのお母さんからおにぎりの差し入れ。そろそろ日本食が食べたいなと思う頃必ず差し入れがある。世界戦に限らず、遠征の時はかならず差し入れがあるんです。嬉しい限り。


いい笑顔だ藤井 2008-02-28 02:25:52

試合が終わってミックスゾーンにきてくれた寛子ちゃん。「高橋さん応援ありがとうございました。見てましたよ」嬉しいね。ホント。


お母さんも満足 2008-02-28 02:23:46

藤井寛子、優子のお母様が今回の応援団長。イヤー頭が下がります。日本チーム男女を問わず応援を買って出て日本チームを盛り上げている。でも下で娘が勝って、日本のために頑張って、親としてこんなうれしいことはないと思います。副団長は福岡春菜のお母さん、その横には平野さん。みんな幸せな人たちです。こんな娘達を持って・・・


エース平野負け知らず 2008-02-28 02:16:40

平野に廻ってくるといただきって感じにさせてくれる。それぐらい彼女のプレーは安定している。たくましい。精神的に強すぎる。


愛ちゃんも必死です 2008-02-28 02:14:57

実力者の愛ちゃんですら世界の舞台は尋常じゃないみたい。リードしていながら挽回負けなんてあり得ない話だったけど。そうはいかなかった。でも戦いぶりの必死さを目の当たりにするとやっぱ愛ちゃんだわさ。花があるね。いや実際。


藤井寛子出番 2008-02-28 02:11:54

ここまで日本チームの主将としてガンバッテきた我らが藤井寛子がいよいよ出番が廻ってきた。東京のお父さんを自認する僕にとってまさに娘の晴れ舞台。負けないでくれスタンドで応援するお母さんにいい思いをさせてやってくれと祈らんばかり。結果は挽回に次ぐ挽回で勝利を収めた。いやーっよかった。


親父吠える 2008-02-27 13:49:02

日本対ロシアの試合中この親父のヤジに吉田海偉選手の試合中ずっと吠え続けていた。これには相手チームも食傷気味だった。試合後吉田はこの親父に向かってアピールしていたがこれはやめた方が良い。ここは中国だ。とても反日感情があって、日本人と言うだけで面白くない人たちいるんだということを自覚してた方が良い。それに試合中こんなヤジに神経が行くようではダメだと思う。集中すると周りが見えなくなるぐらい試合委に没頭できると思うのだが・・・。かくいう僕もたにんに言われたらかなり気にするタイプです。ただ日本チャンピオンだった人がそんな小さなことにきを使わないで欲しいという期待です。


王楠貫禄を見せつける 2008-02-27 12:49:27

前日北朝鮮の選手に敗れた元世界王者王楠選手はすっかり安定したプレーで会場の観客にアピールした。通路でいつも気軽に挨拶をしてくれる彼女のファンは僕だけではない。日本でも人気ナンバーワンなんです。(ここ洒落てます)しかし昨年辺りからプレーが変わって、かつてのようなしなるドライブがなりを潜めている。理由は手首の手術をしたらしい。でもこんな長く世界のトップで活躍する中国選手はまれだ。


アメリカ代表? 2008-02-27 12:43:34

かつて中国ナショナルチームで活躍した高軍選手はアメリカ代表で出場。いまやスペイン、ドイツなどのヨーロッパ初めコンゴなどのアフリカさらに南米と世界中に中国選手が帰化して国代表に名手いる。世界大会と言っても上位に進出するチームは必ずと言っていいほど中国帰化選手がいる。これで世界大会と言ってもすこし興ざめ。これから先中国人ばかりになってしまったら一体どういうことになるのだろう。テレビで観ている視聴者が「なんなのこれ?」っておもわないかなー。そうなれば必ず卓球人気は後退すると思う。国代表で戦うのだから良いじゃないかと言われればそうなんだけど。ちょっとおかしい気がする。本当にその国に小さいときから移住してその国の文化とか風習、言語などをマスターした人は良いだろう。でも中国ナショナルチームでお払い箱になった人が他国に移って国代表って言うのもなー。なんだか変。


吉田がんばる 2008-02-27 03:52:15

日本チーム3番手で出場した吉田海偉選手は会場の酔っぱらい親父のヤジにもめげず苦しい試合をものにした。彼は帰化人なのでそれに関していやなヤジをいわれたらしい。中国のマナーの悪さは今に始まったわけではない。でもこんなことに精神を使っていたら、国際試合などできない。ここは中国なのだ。


力強いフィルモン 2008-02-27 03:48:17

この選手のパワーは半端じゃない。昨年のザグレブで松下選手をそのパワードライブでぶち抜いて僕はすっかり彼のファンになった。今日もしばらく彼の試合をみていてすっかり魅了された。試合終了後デジタルカメラの映像を見せてあげたら是非ほしいというので、スティックのUSBにいれてあげたらすごく喜んでくれた。


ファンキーなエロワ 2008-02-27 03:44:16

フランスチームのエロワ選手は僕の好きな選手のひとり。その試合ぶりは相手をくらます。いったいどこからラケットが出るのやら、どこに打ってくるのか全く予想がつかない。そして試合中に語る独り言が何とも奇妙。でも何故か憎めない。こういう人もいなければ面白くないのである。ラケットも相撲の軍配の形をしていてあまりこういうのを使っている人を知らない。


日生の岸田聡子さんが 2008-02-27 03:28:16

今回テレビ東京の女子解説でこちらにきている日本生命主将の岸田聡子さんが会いに来てくれた。視聴率もなかなかいいらしい。まだこちらでは見ていないのではやく東京に帰って見てみたいものだ。相変わらず岸田さんはスポーツウーマンらしく礼儀正しくて爽やかだ。


解放軍も観戦 2008-02-27 03:24:19

会場のある一角だけが異様なムード。何かと思ったら解放軍が見に来ていたのだ。ちょっと場に合わないというか僕たち日本人にとって見慣れない光景に少しあわてた。近くに行ってみてみるとみんなが全員きちんとしているかと思ったらなにくそいろいろ私語を交わしていた。


愛ちゃん久々の涙 2008-02-27 03:20:49

昔は泣き虫が愛ちゃんのトレードマーク仁摩でなっていたが最近はさすがにそう泣かなくなっていたが、本日韓国戦との最終戦での戦いでゲームオールで勝利し試合終了後うれし涙を流した。それにしても日本チームのがんばりはすばらしいものがある。エース平野が2点取り、福岡は惜敗したもののよく頑張り愛ちゃんに繋げた。いいところで廻ってきたものだ。プレッシャーは相当あったと思うが強気にせめて接戦をものにした。イヤー感動しました。明日はフランス戦でこれで予選リーグが終わる。おそらく全勝で進めると思う。期待していてください。詳しくは卓球王国ホームページをご覧ください。リンクしてあります。


夜の会議 2008-02-26 03:01:53

試合が終わって宿舎に帰ってくるともう11時過ぎ。ルームサービスを取ってその日のゲームとかを話しているといつの間にかもう深夜1時近く。しんどいけど充実した時間でもある。特に本日合流した卓球王国でおなじみの伊藤条太さんや高島さんの話には説得力と深遠な内容があって聞き逃すことができない。話はつきない。夜は深まるばかり。


王皓抜群の強さ 2008-02-26 02:55:29

中国チームで一番よく登場しているのが王皓だ。彼は精神的にも崩れないし、プレーも安定していて今のところ中国チームのエース級。とくに裏面からくり出すスピードあるドライブは相手にとって脅威。地元でも一番の人気者。


朝のプレスルーム 2008-02-26 02:51:06

朝一番にプレスルームに入ってチェックするのは僕のブログ。どんな人が書き込みを入れてくれてるかを見るのが楽しみの一つになっている。海外でみるときは pacoーkaz で見ることができます。卓球と時計みんなが不思議がります。


ホッとするひととき 2008-02-26 02:47:05

プレスシートの隣の席に自分の子供を壁紙にしているカメラマンがいた。とてもかわいくてついつい「誰の子?」なんて聞いているうちにすっかり仲良くなった。AFPのカメラマンだがそれまで口も聞かなかったのに、このことで一気に親しくなった。世界の平和というものこういうレベルで考えればいがいといいのかもしれない。忙しい中のホッとしたひととき。


元全日本監督ソーレン・アレーン 2008-02-26 02:42:54

かつて全日本の監督をしていたソーレン・アレーンと久々にあった。2002年に日本男子が銅メダルを取ったときにその下地を作った人だが、そのときは日本を離れていた。彼の功績は多大だのに日本は彼を冷遇した。松下浩二はじめそのとき出場した選手は「ソーレンがこのチームを作ったんです」と口をそろえていた。現在は水谷はじめ岸川、大矢、高木和などはマリオ・アミズィッチが育てた。その選手が全日本でも活躍し、世界戦でも大いにアピールしている。このことは忘れてはならない。


王励勤破れる 2008-02-26 02:33:14

本日初登場の中国王励勤がルーマニアのフィルモンに破れる波乱。昨年ザグレブで松下浩二のカットをぶち抜いただけあった。パワードライブがテクニックを上まわった。


愛ちゃん今日も快調 2008-02-26 02:28:31

チェコ戦1番手に登場した愛ちゃんは最初から飛ばし、気を抜かなかった。あんな愛ちゃんをみたのは初めてだ。1セット目は0本、2セット目2本、3セット目4本と完璧。明日の韓国戦が楽しみになった。一つの山場を迎える。これに勝つと大きくメダルに届く。


日本女子絶好調 2008-02-26 02:24:20

本日も日本女子は負けなかった。チェコに3−0,オランダに3−0と圧倒的な強さを見せた。本日世界戦初登場のカスミンこと石川佳純は惜しくも敗れたものの経験不足とベンチの指示のまずさでの結果である。勝ち急ぎからくるミスをみていたのにそれをアドバイスできなかったのは残念だった。勝たせるためにはもっとゲームの流れをベンチも把握すべきだったと思う。いかしカスミンはいいプレーをしていた。やはり全日本ベスト4にはいるだけはあると思う。素質的にも雰囲気もそなわっていて将来が期待される。彼女を選んだ近藤監督はさすが。


カスミンは裏方 2008-02-25 01:17:59

二年連続全日本でベスト4に入った石川佳純ことカスミンだが今回は裏方に徹しているようだ。ビデオ係が彼女の役目。試合の合間とかセット間に操作していた。しかし彼女がエースとして出場する日も遠くないはずだ。


タルティカがんばる 2008-02-25 00:55:22

ポーランドのタルティカ選手は右腕の半分がない。それでもシンガポールの強豪り・ジャウェー選手にゲームオールの末下した。その瞬間会場内はドットどよめき彼女に惜しみない拍手を送った。


福岡王子サーブ炸裂 2008-02-25 00:39:19

3番に出場した福岡春菜は序盤から強気の勝負に出た。相手は帰化した中国人選手でなかなかの強敵。それでも仕掛けを早くして先手をとり3対1で逃げ切った。このゲームをずっとみていたらというか応援していたら、試合終了後マネージャーの大塚と息子から「観てないで写真を撮るように」というめーるが入った。テレビ東京に実況されていたみたい。


日本女子好調な滑り出し 2008-02-25 00:32:40

愛ちゃんのスーパーバックハンドが炸裂。イタリア戦2番手で出場。見事に3対1で勝った。強豪だけに気の抜けない試合だったが集中力も持続して最後まで見事な戦いぶり。たくましくなった。


広州夜景 2008-02-24 00:54:49

二時間半のファンタスティックな開会式の余韻が冷め止まず、会場を出て遠景に茫然とした夜のパノラマがまた感動を倍加させた。中国恐るべし。本気で中国が取り組むと怖いね。


開会式5 2008-02-24 00:50:41

妖艶なまでの舞で夢想を表現。ついついうっとり世界に入ってしまう。


開会式4 2008-02-24 00:48:55

空中でのランデブー。ロープ一本でする芸はまるで別世界。


開会式3 2008-02-24 00:46:34

この技が見事。細い棒に乗って空中でバク転。


開会式2 2008-02-24 00:44:51

第一章融・文明ぴったりと合ったダンスが美しい。


開会式1 2008-02-24 00:40:30

広州市内の天河体育館で行われた開会式は見事だった。中国の底力を見せつけられた感じ。4部構成でのミュージカル仕立ての内容は技・光・空間が見事なまでにマッチしていて今まで観た開会式では最高のものだった。


松下浩二選手 2008-02-24 00:27:50

ITTFのアスリート委員会のメンバーとして松下浩二選手が会場にきていた。自分の考えを語れる貴重な存在。常にパイオニアとして卓球選手の先頭に立ってきた彼はまた新たなことに挑戦している。尊敬できる卓球選手。


張り切っている二人 2008-02-23 19:51:12

会場のプレスシートに一番はじめに乗り込みネットなどの確認をする卓球王国の二人。たくましい。あすからのレポートにきたい。卓球王国のホームページで様子が見られます。www.world-tt.com


早くもテレビ中継 2008-02-23 19:48:15

近藤女子監督がテレビ東京の取材で早くもテレビに登場。食事も美味くみんな調子よいとのこと。大橋アナも相変わらずかわいい。いい中継を期待。


世界大会会場 2008-02-23 19:46:14

会場となる広州体育館はゆうに5千人は収容できる。会場の上の方はもやで曇っていて変な感じ。日本選手の活躍を期待したい。


2008年2月24日〜3月2日 .
2008世界選手権広州大会 (団体戦)関連
このページは写真家 高橋和幸ブログ http://blog.goo.ne.jp/paco-kaz/ の転載版です。
this page TOP
 
   
SiteMap株式会社パブリックアートカムパニーKaz-BLOG