-14
秋山庄太郎(写真家)
NEXT⇒
  
 ご存じ、婦人科写真の魁(さきがけ)。かつては、マン・レイなどの作品の無修整を唱えたひとり。
「僕はヘアヌードの否定論者ではないが、むやみやたらと劣情を刺激するような写真はどうかと思うね」
 週刊誌を開けると、氾濫するヘアヌード群。若い女性に限らず、とっくの昔に薹(とう)のたった女(ひと)までが登場する。
 週刊誌の表紙撮影は25年前から続き、一時は18誌を数え、撮った女優ものべ3万人近く。
 今は、花日記ならぬ近所の花屋から自分で見つけた花を撮る毎日。だが、ヌードカレンダーも今もって続いている。
「僕のは茶の間にかけられるヌードカレンダーだからね」
 73歳のこの人が撮るヌード写真が、改めて艶っぽく感じさせられるご時世である。
写真・文 高橋和幸

CLOSE